ちょうど一年前

タイトルの通りちょうど一年前、私はインターネット。

をやめてコンピュータの世界から離れようとかんがえ

ていました。

スマートフォンからガラケーに変えて、必要に迫ら

れてネットをするときは、漫画喫茶や図書館などで

検索しようと考えてそしてそのように行動しました。

検索する内容だけメモして集中的に漫画喫茶でネット

検索するので必要以外の情報を得ようとは思わなか

った。

スマートフォンもやめたので、所構わず操作しなくな

りました。

おかげで私は情報に翻弄されない自由を手に入れまし

た。

そして、これで良いのだと思っていました。

特に伝統工芸など職人といわれている職業は、ネット

なんていじったことがない、と言うほうがなんとなく

一流の職人さんみたいでかっこよいように思えたし、

ネットを使う職人の作ったものなんて大したことがな

いという意見も確かにあり、私もそのように言ってい

ました。

私が言った以上、ネットを辞めるしかなく、スパッと

辞めてからしばらく経ちました。

そんな生活は3か月間ぐらいしか続かなかった。

おそらく一番の原因は、仕事でもネットを使う頻度が

高くなり、漫画喫茶に駆け込むのが面倒くさかった。

仕事の帰りにUSBメモリーを持って漫画喫茶に駆け

込み送信するというのは、逆に時間のロスだった。

ネット環境を手に入れたら、また情報の波に飲み込

まれ、自由を奪われるのが心配で、かなり躊躇しまし

た。

皆から言われるかもしれない、だったら見なければ

よいではないかと。

自分にとって有益な情報だけを見て、それ以外は見

ないと割り切って使える人はどのぐらいいるのだろ

うか。

やはりネットは自分の貴重な時間を奪う危険性があ

り、それは自分の将来にとって有益ではないと思い

ました。

ある時、どうしても自分のパソコンをネットに繋が

ないと動かないという事態に陥りました。

そのことがあり、早速Wi-Fiと契約をしてきました。

非常に単純なネットへの復活劇でした。

私のネット環境はすべて一台のWi-Fのみで繋がる

事になり、その時に、あるもう一つの思いが私の

中をめぐらしました。

私は、情報に翻弄される人間ではなく翻弄させる

人間になろうと逆の発想になりました。

たまたま、一年前から彫進めている木彫りの曼荼

羅が置いてありましたがそのことをネットにアップ

をしたら面白いのではないだろうかと思いブログ

を書くことを決意し、試行錯誤しながら現在の形に

発展しました。

ネットは見ることも大切ですが自分で発信すること

がどれだけ楽しいか。

そして一つ一つの作品を作るように、大まかな形が

見えてきたときの達成感とか、ブログの仕組みなど

今まで憶測でしか図っていなかったのが、手に取る

ようにわかってくると、次はあれを挑戦しようとか

いろいろと試して、ブログの幅が広がってくるのが

実感してきました。

そして、そのネットを使ってサイドビジネスを展開

しようと考えている自分と、ネットを使う職人なん

てろくな職人ではないといっていた自分、どちらが

未来があるのか、答えは自ずと出ていますね。

 

 

ちょうど一年前
[`evernote` not found]