法華経のなかの釈迦三尊像

sanson syaka-4

 

厨子入り釈迦三尊像

携帯できる仏像の中ではもっとも手の込んだものになります。

中尊が釈迦如来坐像、この両脇の菩薩さまは末法に法華経を広めることをお釈迦さまから命じられた菩薩さまの代表です。

白象に乗っておられる向かって右が普賢菩薩騎象坐像、反対側の獅子に乗っておられるのは騎獅文殊菩薩坐像です。

お釈迦さまに近侍する菩薩として「釈迦三尊」という名称で一般的になりました。

制作者として中尊のお釈迦様は小さいのですがストレスなく彫れるぐらいの小ささで、その両脇の菩薩像のサイズが顔の長さ3mm程の寸法なので、これから面相を出すのが大変です。

といいながら大変というよりは、さらに小さい仏像をチャレンジしたいという欲求のほうが高いので早く彫りたいですがね。

 香佛舎 釈迦三尊像ギャラリー 

sanson syaka-5

法華経のなかの釈迦三尊像