セレブな生活 (怠け者の調理術)By べじたぶるぼーと

vejitaburu-1

今回はいつもと違い、私の食生活の一端を披露したいと思います。

亀岡から一週間に一度、べじたぶるぼーとの大江君が毎週火曜日に五種類の野菜を届けてくれます。

宅配野菜を始めてすでに3年以上にはなるでしょうか、だいたい野菜が届いた日から3~4日でいただくようになっているので、その間は自炊することになります。

私は別に健康に気をつけているということはなく、どちらかというと非常に面倒くさがりやの怠けものです。

自炊は、できるだけ短い調理時間で作り、一つの器で食べるというものです。

野菜が無農薬なので、野菜の表面を洗いこまなくても良いので軽くゆすぐだけにして、野菜自体が濃厚で美味しいのであまり火を通しすぎずに使います。

味付けは、塩だけでいただいてます。

以前は色々と味付けを試していたのですが、野菜が美味しいので味付けを少しずつ減らしていった結果、塩だけになりました。

あと、自分で野菜を選んで購入すると偏ってしまうので、彼にまかせて旬の野菜を届けてもらってます。

彼は研究熱心なのでいろいろな野菜を挑戦してみたり、肥料なしで野菜作りを試みたりして、そこで誕生した野菜をおすそ分けしてもらっていますが、私は怠け者なので、あまり名前もよくわかっていなかったりして、彼が持ってきた野菜を日持ちのしない野菜から順に使い始めます。

大江君の無農薬で作るこだわり、それに伴う苦労を沢山積み重ねて今に至っていると思いますが、それらを熱く語るというわけでもなく、いつも明るく届けてくれて何も言わなくても野菜作りに対する誠実さがよく伝わってくる、そんな人柄が現れた野菜たちです。

なので、わたしは野菜の種類を決めるという労力もせず彼に私の健康をゆだねてしまっています。

そんな怠け者には特に優しい無農薬野菜を使ったパスタを作ってみます。

私はパスタ率が高いのですが冗談で前世はイタリア人かもしれないとついつい言ってしまい、石田純一も同じことを言っていたと後で知って、とても恥ずかしい気持ちになったことがありました。

最近では意識して言わないように心掛けています。

vejitaburu-2

宅配野菜をしてから、食べる野菜の種類が増えたのは言うまでもありませんが、特にズッキーニの美味しさを知ったのは大きな収穫でした。

オリーブオイルで炒めると美味しいです。

vejitaburu-3

怠け者の私はパスタと一緒にえんどう豆をゆでています。

 

vejitaburu-4

オリーブオイルでからめて ロイヤルコペンハーゲンに盛り付けると完成です。

 

vejitaburu-6

 

 べじたぶるぼーと 彼のブログです。リンク張っておきます。

 

 

 

 

 

 

セレブな生活 (怠け者の調理術)By べじたぶるぼーと