木彫りの初音ミクを制作してみる 3

hatune-26

前回の彫刻で気になっていた猫背ぎみを徐々に修正していきます。

背筋を伸ばすために顔を彫りこんで顔を奥に沈めていきます。

hatune-27

肩も少し大きいので肩幅も狭くしていきます。

着物の袖のラインもまずは鉛筆で下書きをして、全体の雰囲気を見てみます。

hatune-28 hatune-29

髪の毛を束ねた向かって左側の髪の毛の塊をもう少しボリュームを出したいので少し膨らませてみます。

 

 

hatune-31

全体を漠然と彫刻したら、下書きを改めて書き込んでいきます。

最初にきっちりと決めて彫刻をしていないので、漠然と彫り進め修正できる範囲内で浅く彫り、下図のように鉛筆で下書きをして初めてきっちりと彫りだします。

hatune-33

今回は下図線を書き足した時点で休憩します。

香佛舎 木彫りの初音ミクのギャラリー

    木彫りの初音ミクの制作工程

木彫りの初音ミクを制作してみる 3