木彫の初音ミクを制作してみる 5

hatune 4-1

仕上げの一歩前の段階の状態です。

hatune 4-2

 

hatune 4-3

手は顔の次に難しく、顔と手がうまく彫れると、見栄えがぐっと上がります。

逆に顔と手がいまいちだと、全体をどれだけ仕上げても、思っているような彫刻に近づくことができないぐらい重要な部分です。

手には抹茶椀を持たせています。

左手で抹茶椀の高台(底)を持ち、右手で添えています。

ここまで小さいと逆に難しいのですが、親指とその他の手で構成されていた手に4本の指を彫りだしていきますが、その前に鉛筆で指と指の間の溝を描きます。

シャープペンのほうが良いと思いますが、鉛筆も先を鋭利にすると描くことができます。

hatune 4-4 hatune 4-5 hatune 4-6

それでは溝を彫りだしていきます。

hatune 4-7

手が決まってきたら抹茶椀の淵を鉛筆で描き丸刀で浅く彫りだします。

 

hatune 4-8

顔も少しずつ幅1.5mmの平刀で小刻みに仕上げていきます。

hatune 4-9 hatune 4-10 hatune 4-11 hatune 4-12 hatune 4-13 hatune 4-14 hatune 4-15 hatune 4-16

香佛舎 木彫りの初音ミクのギャラリー

    木彫りの初音ミクの制作工程

 

 

木彫の初音ミクを制作してみる 5