木彫りの初音ミクの途中段階

miku-1

全身像の初音ミクはゆっくりと時間をかけて彫刻する予定でした。

3日前に作り始めてから楽しくてどんどん彫り進めていきました。

何かキャラクターを作りたいという気持ちは、何年も前から思っていたことですが、実際に作り始めるまでが長かったです。

作り始めると、あとは私の手が勝手に動くだけなので、YouTubeなどを楽しみながら彫り進めていくことになりますが、その代りキーボードは木屑だらけになるのは覚悟しないといけませんが。

 

miku-2

かといってYouTubeを見ながら彫れるところと彫れないところがあります。

ポイントとなる部分ですが、お顔、手、衣のしわを入れる個所、肘や膝など体のポイントとなる場所をどの部分に配置し着物で隠れて見えていなくても膨らみやへこませることでイメージさせるかなど、数えあげたら結構ありますね。

一枚の芸子さんの写真を参考に私なりのイメージで制作していますので、見えていない部分が果たしてこのような姿なのかは、本当のことはわかりません。

しかし、右足を前に出したときに左足はおそらくこの位置にあるだろうという事は、厳密には難しいですが大体は、あっていると思います。

本当は粘土を使って最初になれておくのが普通なのですが、今回は粘土をこねている時間がもったいないと思い、いきなり木に写してみました。

その代り多少の失敗しても修正が効くように、片方の面から攻めていき形が崩れていきそうになっても奥のほうがなにも彫っていないので修正は奥に彫進めるという具合で徐々に周りから囲い込んでいくように彫刻していきました。

失敗が効かない木彫はそれだけに神経を使います。(YouTubeみている場合じゃないですね。)

 

miku-3 miku-4

 

前へ          次へ

 

目次

初音ミクの全身像の彫刻 1(着物)

木彫りの初音ミクの途中段階 2

初音ミクの全身像の仕上げ前の段階 3

初音ミクのお顔の修正 4

木彫りの初音ミク 5 完成

木彫りの初音ミクの途中段階