初音ミクのお顔の修正 

hatune 30-2

連日、お顔の修正に取り組んでいました。

細目の平刀、丸刀、極浅丸刀、など細かい彫刻刀を駆使して微妙な顔の面を小刻みに修正していました。

仏像のお顔では、あご回りは風船を膨らませたかのように丸く膨らんでいます。

しかし初音ミクのフィギュアなどは、あごが尖がっています。

私は、仏像のお顔を沢山彫っているせいか、仏像のお顔の膨らみを作るのには慣れているために尖らすのに躊躇していました。

いつもの彫癖を打破すべく、思い切ってとは言わず、恐る恐るあごを尖らせたり、鼻を極度に小さくしたり、目を大きくしたり、と不安を抱えながら彫り進めていきました。

何とか今日、仕上げの一歩手前まで進むことができました。

 

hatune 30-1

 

前へ          次へ 
目次

初音ミクの全身像の彫刻 1(着物)

木彫りの初音ミクの途中段階 2

初音ミクの全身像の仕上げ前の段階 3

初音ミクのお顔の修正 4

木彫りの初音ミク 5 完成

初音ミクのお顔の修正