胎蔵界 137宝冠菩薩尊像

taizou-137-1

宝冠菩薩尊像(ほうかんぼさつ 梵名:Ratnamakuta ラトナマクタ)

お姿=童子形。

身色=黄色。

手=左手は宝冠を載せた青蓮華を持ち、右手は宝珠を載せ胸の前に置きます。

髪型=髪は三髻にする。

台座=赤蓮華

この尊像は宝冠童子とも言われています。

『大日経』『摂大儀軌』『広大儀軌』などには記されていないません。

蓮華上の宝冠に示されるように、勝れた文殊の智慧をこの尊が荘厳している事を表しています。

文殊菩薩の智徳・福徳を自ら荘厳するだけでなく、あらゆる衆生を荘厳するという誓願を表します。

合掌

 

taizou-137-2

 

 

胎蔵界 137宝冠菩薩尊像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。