胎蔵界 187 忿怒鉤観自在菩薩尊像

taizoukai-187-1

忿怒鉤観自在菩薩・ふんぬこうかんじざいぼさつ (梵名:Amoghakrodhankusaraja アモーガクローダーンクシャラージャ)

身色 正面肌色 左面青色 右面黒色

髻  頂に菩薩あり、その両手にはそれぞれ剣を持つ

手  4臂(四本の手)があり
第一の右手 三鈷鉤
第二の右手 施無畏の印を結ぶ
第一の左手 蓮華を持つ
第二の左手 羂索を持つ

三面 面ごとに頂に化仏がある

台座 赤い蓮華に坐る

『広大軌』などには蓮華印菩薩とあります。
忿怒の三昧に入った観自在菩薩が、慈悲の鉤をもって衆生を化導することを表しています。

合掌

taizoukai-187-2

 

 

胎蔵界 187 忿怒鉤観自在菩薩尊像