胎蔵界 120 如来語菩薩尊像

DSC01192

如来語菩薩・にょらいごぼさつ(梵名:Tathagatavaktraタターガタヴァクトラ)

身色 肌色

左手 宝形をのせた蓮華を持つ。

右手 掌を仰げて胸に当てる。

台座 赤い蓮華に坐す。

如来の説法は円かであり、その言葉を聞いた衆生は皆よく理解したといいます。

如来語菩薩尊は、如来の智慧から発した言葉の徳、すなわち如来が説法している口の徳を司ります。

三形の唇は如来の言葉を象徴し、宝形は仏の智慧が言葉として具現化し、思いのままに衆生に降り注ぐことを表しています。

合掌

 

DSC01193

 

 

胎蔵界 120 如来語菩薩尊像