印刀の彫刻刀一本で仏像彫刻 荒削りの仏さまに衣の線を刻む 3

ittoubori arabori-25

 

慣れないうちは、どの程度の荒彫り段階で線を入れていけばよいのか難しいところですが、この写真のような状態になっていない早い段階でも入れてもらって良いと思います。

線をいれると、全体のバランスが見えるので、彫るところが明確に見えてきます。

線は何度も何度も書き足せばよいだけなので、一発で決めようと思わない方が良いと思います。

腕の膨らみが表現できるように描いていきます。

ittoubori arabori-26

ittoubori arabori-27

ittoubori arabori-28

ittoubori arabori-29

 

細かいシワなどの衣紋線は次に残しておいて、大まかな衣のラインを彫りだします。

ittoubori arabori-30

ittoubori arabori-31

ittoubori arabori-32

 

次にさらに細かい衣紋線、面相などを彫りだします。

ittoubori arabori-33

ittoubori arabori-34

ittoubori arabori-35

ittoubori arabori-37

ittoubori arabori-38

ittoubori arabori-39

ittoubori arabori-40

 

衣紋線の数は少ない方が良いと思います。

もちろん自由に加筆して彫刻しても良いのです。

ittoubori arabori-41

 

 

ittoubori arabori-42

 

面相は今回彫り進めずにこのぐらいの彫り跡で置いておきます。

口元はかなり難しいので、この彫刻で自信がつきましたら、次に試されてはいかがでしょうか。

ittoubori arabori-43

ittoubori arabori-44

ittoubori arabori-45

前へ     次へ

 

目次

印刀の彫刻刀一本で仏像彫刻 1 荒削りの仏さま

印刀の彫刻刀一本で仏像彫刻 2 荒削りの仏さま 大まかに削る

印刀の彫刻刀一本で仏像彫刻 3 荒削りの仏さまに衣の線を刻む

印刀の彫刻刀一本で仏像彫刻 4 荒削りの仏さま 完成 

印刀の彫刻刀一本で仏像彫刻 荒削りの仏さまに衣の線を刻む 3