胎蔵界 102 如来悲菩薩

taizoukai 102-1

如来悲菩薩 にょらいひぼさつ (梵名:Tathagatakaruna タターガタカルナー)

 

身色 肌色

手  両手を合わせて合掌

髪型 髪を垂らし金鬘を戴く

着衣 天衣を着す

台座 荷葉に坐す

この尊像は、四無量心(慈・悲・喜・捨)の悲無量心を表します。

悲無量心とは、あらゆる衆生の困苦を除かんとする心で、特に怒り(憤)の心を除くことです。

すなわち『秘蔵記』によれば、悲無量心観を修することにより第七末那識(まなしき)(自我意識)を転じて平等性智を得て、虚空のごとき心になります。

それがゆえにこの尊像は、大悲の心をもって一切の衆生を念じ、彼らをして虚空蔵菩薩と等しい境地に至る願いを表します。

合掌

 

taizoukai 102-2

胎蔵界 102 如来悲菩薩