胎蔵界 100 高仏頂 

taizoukai 100-1

高仏頂 こうぶつちょう(梵名:Adhyudgatosnisa アビウドガトーシュニーシャ)

身色 黄色

右手 薬指を屈し、他の四指を立てます。

左手 宝珠を載せた蓮華を持ちます。

台座 赤い蓮華に坐ります。

三仏頂の一尊。極広生仏頂・広生仏頂ともいいます。

三形の如意宝は、菩提心を表します。

広生という名のごとく、この尊は人々の菩提心を目覚めさせる徳を司ります。

尊形の右手は、御室版による。『諸尊便覧』では「右手・無名指・中指を屈し、他の三指はたてる」とあります。

現図曼荼羅では、この尊像は釈迦院の南側前列の最勝仏頂の左に置かれいるが、『大日経』では北側前列の如来白毫相菩薩の所説に従いこの場所に置きました。

種字のシュロンは『諸尊便覧』にはトロン(trum)とあります。

すなわち大転輪仏頂との混乱がみられます。

合掌

 

taizoukai 100-2

 

 

 

胎蔵界 100 高仏頂