胎蔵界 116 最勝仏頂

taizoukai 116-1

 

最勝仏頂 さいしょうぶつちょう (梵名:Vijayosnisa ヴァイジャヨーシュニーシャ)

身色 黄色

左手 輪を載せた蓮華を持つ

右手 掌を立てて胸に当て、中指と薬指を屈する

台座 赤い蓮華に坐す

五仏頂の一尊、一字金剛・高頂輪王ともいいます。

三形にも示されるように、この尊は、仏の転法輪の徳を司る。

輪は古代インドの武器の一つでした。

仏教ではこれは法論で、あらゆる煩悩を摧破(さいは)し仏道に導くための説法をいみします。

合掌

 

taizoukai 116-2

 

 

胎蔵界 116 最勝仏頂