平成27年 香合作り その5  蓋と身の内側を削る

木をカットしてみると、割れたところやゴツゴツしたところ、節などの欠点と思われていた個所が逆に景色として楽しめそうだと思うようになりました。
中の蓋をはめこむところは、漆をしみこませた布を着せて漆で固めようと思っています。
そのための穴を彫刻刀で彫りたいと思いますのでまずは、鉛筆で彫る場所を決めます。

heisei27 kougou-28

 

 

heisei27 kougou-29 heisei27 kougou-30

 

想像していた通りの硬さ、いやそれ以上に堅いと思います。
なので小さなへこみを作るだけなのですが、ドリルを使って穴をいくつもあけてから彫刻刀で仕上げることにしました。

 

 

heisei27 kougou-31

 

heisei27 kougou-32

 

heisei27 kougou-33

 

heisei27 kougou-34

 

 

 

 

 

heisei27 kougou-35

ドリルを使ってある程度の穴をあけたとはいえ、それでも堅いです。
しかし、少しずつ少しずつ地道に削っていきます。

 

 

 

heisei27 kougou-36

 

heisei27 kougou-37

どれだけ堅いか動画撮影してみました。

heisei27 kougou-38

 

なんとか、所定の深さまで彫ることができたので、面をきれいに整えていきます。
平刀の先がまがった彫刻刀を使っています。

前へ                 続き

平成27年 香合作り その5  蓋と身の内側を削る