胎蔵界 186 生念処菩薩

taizoukai-186-1

生念処菩薩(しょうねんじょぼさつ) Smrtisajatya(スムリティサジャートヤ)

尊形

色  肉色

右手 蓮華を持ち、蓮上に月輪を置く。中に法螺貝があります。

左手 掌を仰向け胸に当てます。

台座 赤い蓮華に坐る。

『大日経』で説く、清浄慧菩薩がその像に当たります。

自性清浄なる法より生じた菩薩で、虚空のように無執着な正念を表します。

その正念に基づいて煩悩を摧破し、説法を司らんがために蓮華上に法螺貝を持ちます。

法螺貝は仏の説法を喩えています。

『諸尊便覧』には蓮華上羯磨杵とありますが、法螺貝に改めました。

合掌

 

 

 

taizoukai-186-2

胎蔵界 186 生念処菩薩