仏像の手の彫刻 握り手の制作行程 7

nigirite-125

この段階になると小指の外側の輪郭線をきっちりと決めます。

そして、小指の内側の輪郭線を決めながら穴を開けてます。

基本的に外側から彫刻で形作り内側を削ります。

内側から削ると後で外側の輪郭線を彫ったときに削りすぎている事があります。

 

nigirite-126 nigirite-127

この段階になっても、若干指は太くしています。

最後の最後に、親指を除いた4本の指の方向性は全て並行に並んでいるのではなくて若干内側に向かって仕上げていきます。

 

nigirite-128 nigirite-129 nigirite-130 nigirite-131 nigirite-132 nigirite-133 nigirite-134 nigirite-135 nigirite-136 nigirite-137 nigirite-138 nigirite-139 nigirite-140 nigirite-141 nigirite-142 nigirite-143 nigirite-144 nigirite-145 nigirite-146

指には爪を描きます。

この段階では小さく描いておきます。

後で大きくする事は簡単ですが、その逆は難しいからです。

 

 

nigirite-147

手首の飾りは腕釧(ワンセン)と呼びます。

腕釧は外側の輪郭縁が決まっているので内側には細いリングに菊座(菊の花びら)を表現したものを彫りだします。

その境目の線を描いています。

 

nigirite-148

 

前へ               次へ

仏像の手の彫刻 握り手の制作行程 7