仏像の顔を紙粘土で制作 ー お顔の表情の修練 6

 

jizoutoubu-99

前回制作した状態から一日経過しました。

身の回りにある竹串と定規を使い中心線と額口の横線、目のライン、唇のラインを全幅の3分の1の長さの幅に均等にひきます。

 

jizoutoubu-100

 

側面も同じように引きます

 

jizoutoubu-101

少しずつ目決めていますが最終的な目の位置はこの位置に決まるかどうかまだわかりませんので、全体を見ながら代替の位置を一度きっちりと決めてみます。

そうすると全体の雰囲気が見えてきて、鼻の位置などが見えてきます。

 

jizoutoubu-102 jizoutoubu-103

先ほど目の位置を決めましたが、少しボリュームを持たせるために目の周りを削ったり、盛り上げたりして立体感を出します。

 

 

jizoutoubu-104 jizoutoubu-105

耳の下の位置は紙粘土に引いた下線より若干でます。

 

 

jizoutoubu-106 jizoutoubu-107

後頭部はこぶみたいなのが二つ出ていますがこれは無理して作らなくても良いです。

 

 

 

jizoutoubu-108 jizoutoubu-109

 

耳の位置から顎のラインのくぼみをつけます。

 

jizoutoubu-110

顎と首の関係が決まってくると、全体像が見えてきます。

 

 

jizoutoubu-111 jizoutoubu-112 jizoutoubu-113

 

jizoutoubu-114 jizoutoubu-115 jizoutoubu-116 jizoutoubu-117 jizoutoubu-118

 

前へ                                   次へ

 

その他の木の心棒の作り方

紙粘土を成形する木の彫刻刀(木のヘラ)を作る

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 1 

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 2

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 3

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 4

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 5

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 6

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 7

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 8

仏像の顔を紙粘土で制作 ー お顔の表情の修練 6