仏像の顔を紙粘土で制作 ー お顔の表情の修練 7

jizoutoubu-119

 

指に水をつけて全体をならしました。

それから竹串や木ベラなどを駆使して、唇、や目に筋をいれています。

 

 

jizoutoubu-120 jizoutoubu-121

もし氷を砕くアイスピックのようなものがあれば、作業がスムーズにいきます。

金属なので、思う通りの線がきっちりと出す事が出来ます。

 

 

jizoutoubu-122 jizoutoubu-123 jizoutoubu-124

 

耳の穴を基準にして筋を引いていきます。

 

 

jizoutoubu-125 jizoutoubu-126 jizoutoubu-127

完全に乾いていないので、削ると表面ががたがたします。

後で修正するでこの段階では細かいところは気にせずにフォルムを気にして全体を彫りだします。

 

 

jizoutoubu-128 jizoutoubu-129 jizoutoubu-130 jizoutoubu-131

あとは、木べらに水をつけて表面を整えます。

するとぼこぼこしていた表面の中に粘土が埋まります。

 

jizoutoubu-132 jizoutoubu-133 jizoutoubu-134

木べらの先に水を浸して少しずつ押さえつけながら仕上げていきます。

 

jizoutoubu-135 jizoutoubu-136 jizoutoubu-137 jizoutoubu-138 jizoutoubu-137jizoutoubu-139 jizoutoubu-140 jizoutoubu-141

 

前へ             完成

その他の木の心棒の作り方

紙粘土を成形する木の彫刻刀(木のヘラ)を作る

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 1 

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 2

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 3

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 4

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 5

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 6

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 7

仏像の顔を粘土で制作ーお顔の表情の修練 8

仏像の顔を紙粘土で制作 ー お顔の表情の修練 7