造佛記、香佛舎の謎の英訳者セイタロウとは

pen hikkitai

 

私のウェブサイトを見て、仏像を彫り始めた人がいます。

後にウェブサイトの英訳をしてもらう、セイタロウ(ペンネーム)さんです。

カッターナイフを使った仏像彫刻の彫り進め方の記事を検索エンジンでヒットしたのがきっかけでセイタロウさんと出会いました。

もともと様々な手仕事を経験していたので飲み込みが早く、今では本格的な彫刻刀の印刀一本を使って仏像の彫り方を練習されています。

当初、このウェブサイトを作るにあたり、日本国内にしか目を向けていませんでしたが、セイタロウさんからメッセージが届いたのは国内ではありませんでした。

セイタロウさんは日本人ですが今は遠い国に住んでいます。

セイタロウさんの住んでいる場所には切れる刃物はないのですが、私にメッセージを送る前は、限られた道具の中で工夫し苦心して仏像を彫られました。

私はカッターナイフならどこでも手に入るだろうと浅はかに考えていたのですが、現地の刃物は日本で販売されている安いカッターナイフの切れ味にも及ばず、そうとう削るのが難しい状況だったと思われます。

それでも仏像の形に彫り上げられたのはたいしたものだと思います。

仕上がった仏像を奥さんにプレゼントされてご家族皆さん大変幸せな気持ちになったとの内容のメッセージを2014年10月9日にいただきました。

私は本当に嬉しくなって、このサイトが人を幸せに出来たのだという気持ちと、日本から離れて暮らしている日本人の方々が日本のものに飢えているという事を知りました。

彼とメッセージをやり取りしていて既に半年近くなっていた事にあまり気付いていませんでしたが、時間の経過は早いものです。

その間膨大な量のメッセージをやりとりしてました。

彼は、日本で後悔を残して今は遠い国で生活をしているのですが、それを全て自分の傲慢な心が引き起こしたもの、それらを沈め、縁の下の力持ちになり、出しゃばらずに仏像を彫りながら人格形成をしていきたいという気持ちで彫刻に励んでいらっしゃいます。

私が以前自分のサイトの英訳を勉強しながら進めていきたいという記事を書いたのですが、それを見たセイタロウさんが是非私に英訳をさせてくださいとのメールを頂きました。

しかし私は英語を勉強しながら、ウェブサイトを全て一人で制作する予定だったのですが、私は英語が苦手です。

彫刻とウェブサイトを作る事で手一杯でいつかは英語をマスターしたいという気持ちはありました。

そんな中彼の英訳したいという気持ちは、私にとって願ってもない事だったのですが、そうなると彼の仕事、そして家族の時間を削る事になり、私としては心苦しく思いました。

しかしセイタロウさんはこのサイトの力になりたいという気持ちが木彫を続けていくうちにどんどんと強くなっていたようです。

そこで、家族と仕事に支障がないよう余裕を持って、まず始めに彼が私にメッセージを送りたいと思ったきっかけである、香佛舎でやりたい事という記事から英訳を始めました。

私は、いつでも良いので数ヶ月かかろうがあまり気にしないよう悠長に構えていましたがその2日後にはすでに英訳を終えていました。

あまりの早さにびっくりして、次の英訳も任せる事になり、それが徐々に増えついに私のウェブサイトの骨格があっという間に完成するに至りました。

そこで私は一つ提案をしました。

英訳をしていただいた功労者のセイタロウさんの本名と英訳に至るいきさつを記事にして書いて皆に見てもらったらどうかということです。

すると彼は、ありがたい話ですが、それにより私に傲慢な気持ちが芽生えるのではないかと心配されてました。

そのような経緯から本名の掲載は今の段階では避け、後に時期がきたら本名に変更し今の段階では仮にセイタロウという名前で掲載をすることに致しました。

彼も私も半人前、これからさらなる飛躍を目指し自分たちに自信が付くまでは地道にそして楽しくコンテンツを増やしていければと思っています。

造佛記、香佛舎の謎の英訳者セイタロウとは