自画像の彫刻 4

jigazougyarari-39

 

目と口を彫り刻みました。

jigazougyarari-40

jigazougyarari-41

jigazougyarari-42

jigazougyarari-44

 

顔の表情は最初に一番上の画像のようにお大きな面で目を刻み、バランスを取りながら微調整が出来るように残しながら細かく彫っていきます。

 

 

jigazougyarari-45

jigazougyarari-46

jigazougyarari-47

 

顎から耳にかけてのライン顎から首に欠けての雰囲気は仏像とはちがいます。

仏像だと顎(あご)から頬(ほほ)にかけて丸く、顔の真ん中に風船をいれて膨らませたようなほほをしていますが、人間の場合は顎から首にかけて食い込ませるような彫りをします。

ここが一番大きな違いです。

 

jigazougyarari-48

jigazougyarari-49

 

首はまだ残しておきます。

首はへこんでいるという事もあって初めてめて彫る人はついついへこませ過ぎてしまいます。

ですので彫りたいと衝動に駆られてしまいますが、今はまだ残して、全体の雰囲気のバランスを取る事に専念します。

 

 

jigazougyarari-50

jigazougyarari-51

 

 

 

jigazougyarari-52

前へ              次へ

自画像の彫刻 4