彫刻刀の刀身が抜けた場合

tyoukokuoreru-1

彫刻刀を長い間使っていると、刀身も短くなり、そして最初は固定されていた刀身が緩くなって、抜ける事があります。

実は私も抜けていた彫刻刀があります。

刀身を固定する方法として、紙を挟んで固定したり、木の削り屑を隙間に詰めることもできますが、今回は薄くスライスした木を詰めてみたいと思います。

 

 

tyoukokuoreru-2

 

 

tyoukokuoreru-3

まずは薄い木を探してきます。

しかし、もともと刀身が柄にきっちりと入っていたので隙間はわずかです。

薄い木でも入らないと思います。

 

 

tyoukokuoreru-4

そのような時は、上のように先を削って隙間に詰める方法もあります。

 

tyoukokuoreru-5

私は、薄い木をさらに半分にします。

 

 

tyoukokuoreru-6

すると先の方が薄くなります。

その薄くなっている方向を隙間に詰めますがまずは薄い方をきれいにそろえます。

 

 

tyoukokuoreru-8

 

薄い先を垂直に切り取り、幅も隙間に合わせて半分にします。

 

tyoukokuoreru-7

そして薄い方を隙間に埋めます。

 

 

 

 

 

tyoukokuoreru-9 tyoukokuoreru-10

接着剤はいれずに、奥まできっちりと入ったら彫刻刀で最後まで削らずに軽く当てる程度にします。

そして折り曲げて下のように切り取ります。

 

 

 

tyoukokuoreru-11

tyoukokuoreru-12

さらに残りの薄い木をカットして、斜めの斜面の隙間に埋めます。

 

tyoukokuoreru-13 tyoukokuoreru-15 tyoukokuoreru-16

さらに隙間の幅に合わせて微調整して、下のように埋めておなじように切り取ります。

 

tyoukokuoreru-17

tyoukokuoreru-18

tyoukokuoreru-19

 

完成です。

これでしばらくは抜ける事はありません。

 

 

彫刻刀の刀身が抜けた場合