光背のついたお地蔵さんの彫刻 2

jizoukouhai-24

 

全体的に彫りだしていますが、輪郭線は今回は大きめに余分を残しながら体のボリュームを意識して彫りだし増す。

ボリュームを意識するというのは、最も膨らんだところはどこかを考えます。

そしてどこをへこませばその部分は膨らむのかを考えます。

するとへこます部分イコール彫る場所になります。

肩、両肘、両膝、宝珠を持っている手、両肘から手にかけての流れなどが体の膨らみに当たります。

 

 

jizoukouhai-25

少しずつ体の上の方から膝にかけて彫り進めています。

 

jizoukouhai-26 jizoukouhai-27 jizoukouhai-28 jizoukouhai-29

このぐらいから額口に線をもう一度描き込みます。

正中線と額の高さに当たります。

その線を基準に眼の高さ、鼻の位置などを確認します。

 

jizoukouhai-30

jizoukouhai-31

個々からは顔の彫刻を参考に見ていただければと思います。下にリンクをはっておきます。

お地蔵さんのお顔の彫刻 3 

鼻の位置は少し低めに切り込みを入れます

 

 

jizoukouhai-32

鼻の次に眼を切り込みます。

そして口の膨らみを出します。

 

jizoukouhai-33 jizoukouhai-34

このあたりから宝珠を持った両手を意識しながらボリュームを出します。

 

jizoukouhai-35 jizoukouhai-36 jizoukouhai-37

 

前へ                                           次へ

光背のついたお地蔵さんの彫刻 2