キーボード(filco majestouch minila air)とマウス(Mx master)を手に入れるまで その2

ki-to-ma-6

話が前後しますが、実はキーボードの前に先にマウスを購入していました。

マウスを購入するに至ったのは、ウィンドウズとMacのノートパソコンでマウスを使いたかったのですが、当初は持ち運びのできるコンパクトなタイプを手に入れる予定でした。

それで実際に触れてみないと何もわからないので、京都の大型家電をはしごしながらマウスを物色しました。

マウスの予算は2000円から3000円ぐらいのものを考えていて、その中で持ち運びしやすく使いやすくとやや欲張りな希望だったのですが、私の求めていたマウスが意外なほどたくさん販売していました。

Bluetoothにも対応もしていて、その種類も多く選ぶのが大変な状態でした。

ki-to-ma-7

 

 

1時間ぐらいかけて選んでいたのですが、デザインが良くて極力薄いマウスで実際に使い勝手も良かったので当初買いたかったマウスでほぼ決まりでした。

いろいろと物色していると1万4千円のマウスに目が留まりました。

実は最初から目に入っていて知っていたのですがマウスに1万円以上使うことを全く想定していなかったのでスルーしていました。

すでにマウスも決まっていたし一段落ついたので興味本位で1万円を超えるマウスを一度見てみようと思いました。

マウスに1万4千円って誰が買うのだろうかと当初は他人事で自分には関係のないものでしたが、キーボードと同じで触った瞬間に感触の違いにびっくりしました。

まずは手にものすごくフィットします。

そしてボタンが滑らかなのと微調整がものすごくしやすいということが触ってみて初めてわかりました。

これなら、誤操作もかなり減りそうです。

スクロール部分を回転させると実際に触るとわかるのですが軽くブレーキがかかった状態で使えるので微調整が大変しやすかった。

その下のボタンを押すとブレーキが取れて回転させるとスムーズに回転しプッシュボタンの操作で二段階の力の調整ができます。

そしてマウスをクリックしたときの反発の感触もよかった。

マウスの手の収まり具合や操作性を考えると長時間の使用してもストレスが少ないのではないだろうかと思いました。

私はすでに最初のマウスに戻ることはできなくなっています。

すでに当初選んでいたマウスがおもちゃのように思えます。

もう買うか買わないかという心境で、選んでいる時間がもったいないぐらいです。

結局ヨドバシカメラで一番高価なマウスを手に入れる事になりました。

そして今、キーボードとマウスを使いながら楽しくブログの更新をしています。

感触がとても良いです。

連休中は遠くに遊びに行くわけでもないので、その分マウスとキーボードに贅沢をしてもバチは当たらないだろう。

今はそのように納得させて心の中で言い訳をして使っています。

ki-to-ma-8 ki-to-ma-9 ki-to-ma-10 ki-to-ma-11

こちらは前から使っていたマック用のマウスです。

マックのマウスもなれると使いやすいです。

ki-to-ma-12 ki-to-ma-14

前へ             次へ(番外編ハードディスクへバックアップ)

 

 

キーボード(filco majestouch minila air)とマウス(Mx master)を手に入れるまで その2