仏像の表情(目、鼻、口) 2

前回と同じ動画です。

確認の為に貼付けておきます。
butuzouhyoujou-21

眉と目をわけていきます。

ここで初めて丸刀を利用します。

まずは目の半分ぐらいまで眉との境目彫り進めて徐々にのばしていきます。

 

butuzouhyoujou-22

 

butuzouhyoujou-23

眉の位置は下線よりも下にしています。

眉も徐々に所定の位置に上げていきますが、まずは余裕を持って下位置から彫り始めています。

 

 

 

 

butuzouhyoujou-24

左目の周辺も同様に彫り進めます。

 

 

butuzouhyoujou-25

この段階ではまだ耳が出てきていません。

耳を出すために、まだ顔は細くなります。

顔を細くすると、目鼻口の感じが変わってきますので徐々に修正します。

その為に最初から目鼻口に余裕を持たせていました。

 

 

 

 

butuzouhyoujou-26

耳を出すために顔の幅を少しずつ細くしていきます。

 

 

butuzouhyoujou-27 butuzouhyoujou-28 butuzouhyoujou-29 butuzouhyoujou-30 butuzouhyoujou-31 butuzouhyoujou-32

目は内側を少し上げています。

荒彫りの状態で仏さんらしい表情にするのは難しいのですが、このときに色々と表情をためしていきます。

 

 

 

butuzouhyoujou-33 butuzouhyoujou-34 butuzouhyoujou-35 butuzouhyoujou-36

私は荒彫りの段階から目を出しています。

しかし、この状態が最終的な目の位置ではなく、目を薄らと削る事によって基準が出来ます。

全体的にどこを彫れば良いのかも明確に見えてきます。

鉛筆で目を描いても良いのですが、しかし彫って見た場合と、鉛筆の線で見た場合とでは全く同じ線でも違った雰囲気に見えます。

それで私は最近このように目を薄らと彫って確認しています。

 

 

 

butuzouhyoujou-37

 

 

 

前へ                  次へ

仏像の表情(目、鼻、口) 2