カスタムナイフの鞘作り 2

デザインは黒の油性マジックで描いています。

まだ迷っていますが、とりあえずこういう感じで進めます。
naifunosaya-14 naifunosaya-15

一方の木に小さな穴をあけていたのでその穴に電動ドリルで少し大きな穴をあけます。

この辺りから鞘作りが楽しくなってきます。

最初のナイフを鞘に入れるための溝を削るのはどちらかというと作業という感覚ですが、この段階までくると微調整の繰り返しですが、大変楽しくなります。

形が思うように削れて出てくるとモチベーションも上がります。

逆にちょっとした削り過ぎで失敗をする可能性も秘めていますが、今回はちょっと遊んでみました。

刃の部分さえ隠れていたら安全なので思い切って鞘の内側まで削り込みました。

削り込む前は自分が思い描いたように出来るのか不安もありましたが、遊びだから思い切って彫り込みました。

こういう事が自分の遊び感覚を楽しませてくれます。

あとはフォルムの美しさを気にしながら彫り進めます。

 

 

naifunosaya-16

削ってはデザインの修正をして、削ってはデザインの修正をします。

 

 

 

naifunosaya-17 naifunosaya-18 naifunosaya-19 naifunosaya-20

途中でオカメインコを想像しながら彫り進めましたが、いかがでしょうか。

 

 

naifunosaya-21 naifunosaya-22 naifunosaya-23 naifunosaya-24 naifunosaya-25

ワンポイントに丸刀で丸い溝を作っていますが、このやり方は不動明王などの光背の表現でよくつかいます。

 

 

 

naifunosaya-26

サンドペーパーで全体の表面を整えます。

 

 

naifunosaya-27 naifunosaya-28

 

全体が整えたら椿オイルを塗って仕上げます。

 

 

naifunosaya-29

 

naifunosaya-30 naifunosaya-31 naifunosaya-32 naifunosaya-33

前へ

 

カスタムナイフの鞘作り 2