三尊像の彫刻 千手観音坐像 飯綱権現立像 毘沙門天 6  千手観音の彫刻

juuitimenn-sanson-1

十一面観音像から解説して行きたいと思います。

 

 

 

juuitimenn-sanson-2

まずは印刀を使って顔の周辺から彫刻を開始しました。

 

 

 

juuitimenn-sanson-3 juuitimenn-sanson-4

そして肩を丸めていくと、後ろの手が消えて行きます。

後ろの手を彫るまでは、彫刻をしながら下図線を消して、まずは十一面観音の状態で彫りすすめます。

 

 

 

 

juuitimenn-sanson-5 juuitimenn-sanson-6 juuitimenn-sanson-7 juuitimenn-sanson-8

顔の横幅は下絵よりも幅をまずは大きめにしています。

徐々に幅を狭めるのですが、最初から所定の幅にするとかなり小さくなる可能性があるので、大きめで取っています。

下図は雰囲気を見るための絵で、彫刻をしたらすぐに消えます。

ですので、雰囲気を見るための画像です。

彫刻をしながら徐々に細かいところを彫刻し、そして立体感を意識しながら進めます。

 

 

 

 

juuitimenn-sanson-9 juuitimenn-sanson-10 juuitimenn-sanson-11

 

前へ                      次へ

 

三尊像の彫刻 千手観音坐像 飯綱権現立像 毘沙門天 6  千手観音の彫刻