木彫りのポルシェ356 Speed Ster 4

porusye-52

 

彫刻が面白いです。

ひさしぶりに童心に帰って制作をしていました。

徐々に仕上げに近づいてきました。

これから先サンドペーパーを使って奇麗に表面を磨くか、彫刻刀の彫り跡をのこしてペーパーを当てずに仕上げるか、迷ったあげくペーパーを当てる事にしました。

したの画像は手前がまだサンドペーパーを当てていない状態です。

porusye-53

下の画像は手前にペーパーを当てていました。

あてると表面が滑らかに仕上がります。

 

 

 

 

porusye-54 porusye-55

結局表面をすべてペーパーで磨く事にしました。

全体をペーパーで磨いています。

 

 

 

 

 

porusye-56 porusye-57

サイドミラーが仕上がっていないのですが、これには理由があります。

最終的な仕上がりがかなり細くなります。

細くなると折れやすくなるので、作業中はできるだけ太い状態で残しておきたいからです。

本体が仕上がったら最後にとりかかります。

 

porusye-58 porusye-59

あともう少しです。

実はこのブログを見ていただいた方が彫刻に時間がかかっても木彫の車をつくってみたい、そして掲載したいといううれしいお知らせが届きました。

ありがとうございます。

こちらこそどんな車が仕上がるのか楽しみにしています。

 

porusye-60 porusye-61 porusye-62 porusye-63 porusye-64 porusye-65

 

前へ                   次へ

 

木彫りのポルシェ356 Speed Ster 4