法隆寺金堂の毘沙門天像の彫刻 3

DSCN1312

しばらく毘沙門天像の彫刻から離れていましたが、彫刻の再開です。

この段階までくると右手の衣が出ているところから手首を切り離させていただきます。

 

DSCN1313

 

 

DSCN1315

DSCN1316

右手を切り離しました。

次に右側の顔を整えて顔のバランスをとります。

細身の仏像ですので、思っていた以上に顔の横幅が細くなります。

幅を整えるのと同時に面相も彫り込んで バランスを見ます。

 

DSCN1317

DSCN1319

DSCN1321

DSCN1322

顔がなくなったのでびっくりされたかもしれませんが、私は少し前に顔を残して一発で決めずに何度も調子を見ながら面相を決めていきます。

そのため目鼻口を削り落としてもう一度面相を削ります。

 

 

DSCN1323

DSCN1324

DSCN1326

DSCN1327

三叉戟を持つ左手の穴をあけているところです。

まずは錐で細い穴をあけて次に金工用のドリルの刃先をゆっくりと回転させて慎重に穴を広げます。

 

 

DSCN1328

 

DSCN1331

DSCN1333

前へ                   次へ

法隆寺金堂の毘沙門天像の彫刻 3