久しぶりの気晴らし

kyuujitu-1

 

今日は仏像の事やブログの事を忘れて、サッカーの練習と服選びを楽しんできました。

体を動かすのは良いですね。

とても清々しい気持ちになります。

そして、制作していることもすっかり忘れて、次の制作では新しい気持ちで取り組むことができます。

 

そして私はどうも服が好きみたいです。

あまり気がついていなかったのですが一人で一日中、服を選んでいても飽きないし楽しい。

昔、服にはこだわらないと言っていたのは嘘だったようです。(笑)

そして服は何度も試着を繰りかえします。

そのなかでサイズが合わなかったりすると昔はあきらめきれなかったのですが、

好きなデザインでもあきらめる事が出来るようになりました。

ジャストサイズでないと手に入れない、これは服選びの鉄則です。

サングラスもまた、様々な形状のものがありますが、どういうタイプの顔がどんなサングラスにあうのかも、決まっている所があるみたいですが、私は考えるよりもサングラスを何度も何度も色んな形状の色んな色のサングラスを沢山あわせて選ぶようにしています。

ですので、なにもかも時間がかかってしまいますので家に帰るとどっと疲れがでてきます。

服選びにお母さんや恋人に選んでもらっている人の話も聞きますが、とても驚きます。

自分のやりたい事、自分が何を好み、何を嫌いなのか、極端な話、服を選ぶのも自分の人生の選択することと似たような気もします。

人生の選択と同じだと書きながら、私はよく服選びに失敗していたなと思い返します。

失敗を重ねたからだと思いますが、それでもその方が絶対に後悔しません。

自分のの考えだけでなく、品のいい感じの服をお召しになられている店員さんだと、アドバイスを伺いたくなります。

たとえ10歳以上離れている若い人でも失敗してもいいからアドバイスを伺います。

すると、思いもつかなかった合わせ方を教えてもらったりするのでとても楽しくなります。

これだけ服の事を書いておきながら、実は全て古着の話です。

良い服は欲しいのですが、デパートに行くとTシャツ一枚でも1万円するものもあります。

そしてほとんどの商品が1万円からなので、沢山ほしい私はどうしても出費がかさみます。

サッカーの中田英寿さんみたいにD&Gで好きな服を気に入ったものを大人買いできるようにできたらショッピングをもっと楽しめるのではないだろうかと思います。

しかし私はすべて古着です、それでもその中からきらっと光る服を見つけると、掘り出し物の骨董品を見つけたようにうれしくなります。

下画像の3つのサングラスすべて中古ですが、一番上のditaというサングラスはmade in japanです。

日本の高い技術力によって生み出されたサングラスです。

たとえ中古でも細かなところまでしっかりと作られているのがよくわかります。

物作りの痕跡を感じながらサングラスを使うと、かけているその瞬間瞬間がとても楽しくなります。

kyuujitu-2

そして腕時計もバンドの交換をしました。

皮のバンドからナイロンのカラフルなバンドです。

今まで使っていた皮のバンドは残しておいて、服を着せ替えるように時計のバンドでも楽しんでいきたいと思います。

今は大変暑いので、腕からさりげなく見える腕時計のカラフルなバンドがとても映えます。

他にも麦わら帽を探していたのですが、私は何度か試着しましたが麦わら帽が似合わないようです。

たまたま巡り会っていないだけなのか分かりませんが、麦わら帽をうまく着こなしている人はうらやましいですね。

しかし私にはわらじがあります。

麦わら帽のように、わらじもすばらしいファッション力を兼ね備えたすばらしい力が眠っているようにも思います。

どうしてそう思うのかというと、ラグジュアリーブランドのブティックに入ってもかっこ良く似合っている人だと麦わら帽を被ってブティックに入っても違和感がありません。

きっとわらじも高級ブランドのブティックでそのまま入っていっても似合う人は、きっと上手に履きこなすのだろうと想像します。

そんな事を考えていると楽しい一日があっという間に過ぎました。

ウェブサイトも落ち着いてきたので、スローペースではありますが、色んな事を楽しみながら今までよりもゆっくりとブログも更新していきたいと思います。

 

kyuujitu-3

久しぶりの気晴らし