普賢菩薩の香合佛の制作 5

kougoubutu-fugen-na-45

今回の彫刻では、全体の雰囲気を見ながら全体的に彫刻していきます。

まずは、両肘の幅が広すぎたので狭めていきます。

そうすると、膝張りも大きく見えてきますので、膝の幅も削ります。

 

 

kougoubutu-fugen-na-46

ある程度のアウトラインが見えてきたら、鉛筆などを使って衣の線を描き込みます。

 

 

kougoubutu-fugen-na-47

衣の彫刻を軽く施して、天衣、光背を描きます。

 

kougoubutu-fugen-na-48

天衣、光背も彫りだしていくと全体の雰囲気が見えてきます。

 

 

kougoubutu-fugen-na-49

さらに蓮弁を描き込みます

 

 

kougoubutu-fugen-na-50

 

これで全体の雰囲気が見えてきました。

次回は修正をしながら細かく彫刻をしていきます。

前へ                      次へ

普賢菩薩の香合佛の制作 5