普賢菩薩の香合佛の制作 7 光背の彫刻

kougoubutu-fugen-na-59

今回の香合佛の彫刻は主に光背を進めながら普賢菩薩像の着衣や天衣を彫りだしていきます。

まずは光背の円の外側に刻みをシャープペンで描きましたが、菊の花びらをイメージしています。

 

 

kougoubutu-fugen-na-60

シャープペンで描いた刻みの線を彫刻刀で刻んでいきますが、ほとんど力を加えず軽いタッチで彫刻を進めます。

 

 

kougoubutu-fugen-na-61

次に刻みと刻みの間に細い丸刀を入れて菊の花びらを表現します。

 

kougoubutu-fugen-na-62

光背の外側の菊が出来上がりました。

次に普賢菩薩像の着衣をシャープペンで描き込みます。

 

 

kougoubutu-fugen-na-63 kougoubutu-fugen-na-64

 

同じように着衣にも刻みを付けます。

 

前へ                         次へ

 

 

普賢菩薩の香合佛の制作 7 光背の彫刻