短くなった墨を磨るれるようにしてみました。

mijikaisumi-1

上の画像の左上から

長さ6.5cm  幅3cm   厚み4mm

長さ6cm   幅 3cm   厚み2mm

長さ6.2cm  幅2.6cm   厚み2mm

 

日常的に墨を磨って字を書く機会がある人は非常に少ないと思います。

墨汁は使ったことがあるけど磨ったことがないという人もいるかと思います。

今からご紹介するのは、私が作った短くなった墨を磨るための補助的な板です。

墨は磨り続けると短くなってきます。

短くなった時に墨をするのは難しくなりますが、その時に使う墨を挟み込む板というのも販売していますが、今回はそれよりもさらにシンプルに極限まで厚みを減らして手になじむように制作してみました。

mijikaisumi-2

 

mijikaisumi-5

墨が圧着するところは三種類作ってみました。

まずは内側に段をつけて墨を挟み実際に墨を磨った時に奥に入り込まないようにしています。

 

 

 

mijikaisumi-6

次に内側を斜めに削り落としています。

 

 

mijikaisumi-7 mijikaisumi-8

こちらは反対に外側を斜めに削り落としています。

そして、ゴムが引っかかるところに溝を彫ってみました。

 

mijikaisumi-3

ゴムで引っかけたところに溝を薄く彫り込んでおくとずれませんが、溝がなくても問題ありませんでした。

 

mijikaisumi-4

試し磨りです。

墨の用途にあわせて、使い分けていきます。

次へ

 

短くなった墨を磨るれるようにしてみました。