一保堂のお茶と喫茶室

ippoudou-1

一保堂(いっぽうどう)は、京都市中京区寺町通二条上ルにあります。
屋号は1846年(弘化3年)に山階宮家から賜ったもので、「茶一つを保つ」という意味のようです。

茶の加工と販売を主な事業とし、百貨店などの販路以外に茶道の家へ茶を収めている。抹茶は表千家好みと裏千家好みの双方をそろえられています。
1717年(享保年間)、京都の寺町二条に「近江屋」として創業し、茶や陶器を商う。明治時代は茶の輸出問屋としてアメリカに茶を輸出していたが、大正以降は茶の小売を主な事業とする。1964年(昭和39年) に改組し、株式会社一保堂茶舗となりました。

ippoudou-2 ippoudou-3 ippoudou-4 ippoudou-5 ippoudou-6

一保堂のお茶と喫茶室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。