金継3漆で穴埋め

kintugi 3-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漆接着漆が固まってきました。

まだ完ぺきに固まっているわけではありませんが、作業には問題ない範囲の硬さまでになってきました。

ずれる心配がなくなりましたので、次は隙間などの穴埋めをしていきたいと思います。

kintugi 3-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回使うのは木屎漆(こくそうるし)というものをつかいます。

木を粉末状にしてそれを鍋を使って少し焦がしたものを焼き曳粉といいますが、木に熱を加えることにより、水分が飛んで、焼締まり粉が丈夫になります。

その焼曳き粉を漆と一緒に練りこみます。

kintugi 3-5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さなヘラが手元にありませんでしたので、彫刻刀を使ってヘラを作ります。

 

kintugi 3-8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極々小さな穴は次回の錆漆の作業で埋めるのであくまでも大きな穴を中心に埋めていきます。

 

kintugi 3-10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kintugi 3-15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金継3漆で穴埋め
[`evernote` not found]