金剛界 3 宝波羅蜜菩薩尊像

kongoukai 3-1

宝波羅蜜菩薩尊像 (梵名:Ratnaparamita ラトナパーラミター)

この菩薩さまは宝波羅蜜菩薩(ほうはらみつぼさつ)です。

天女のお姿をしていて、羯磨衣を着ています。

左手には宝珠を載せた蓮の華を持ち、右手には円いものを持ちますがこれは宝珠といわれています。

宝生如来が毘盧遮那如来を供養するために出現させた女尊です。

宝波羅蜜の宝とは財宝そのもので、財福の徳を意味しています。

この尊像の種字ではタラクと呼ばれていて、タタターのタで真如を表したりまたラジャスという塵垢を表す意味が入っていて、アクの涅槃点が付いて否定を表しているようです。

つまり真如もなければ塵垢でもない空の立場を示しており、涅槃寂静をあらわしているようです。

合掌

kongoukai 3-2

 

金剛界 3 宝波羅蜜菩薩尊像