23 馬頭観音尊像

胎蔵界

馬頭観音尊像  (梵名:ハヤグリーヴァ)

IMG_5339

 

 

久しぶりの曼荼羅の投稿です

この菩薩さまは、お馴染みの方もいらっしゃると

思いますが、馬頭観音(ばとうかんのん)です。

蓮華部院向かって右の一番下に佇んでいらっしゃ

います。

三面二臂、(お顔が三つに二本の腕)で各お顔には

額に目があります。

手の組み方は馬頭印というこの尊独特の印相をし

ています。

右ひざを立てて、白い馬の頭を頭上に戴きます。

梵名の意味は「駿馬の首をもつもの」で、インド

の起源が求められ、ヴィシュヌ神の第18番目の化

ともいわれます。

『大日経疎』では転輪聖王の宝馬はいつ、どこで

も休むことなく疾駆するように、身命をおしまず

衆生を救おうとする菩薩の大いなる、精進力にた

とえられています。

蓮華部院という中で唯一忿怒形をしています。

特に馬頭観音は衆生救済の思いが強いのでそのた

め だといわれています。

                                                                             合掌

IMG_5340

 

 

IMG_5342

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。