3 開敷華王如来尊像

IMG_3782.JPG
胎蔵界 開敷華王如来さま(インド名:サンクスミタラージャ)
今回ご紹介します如来さまは、開敷華王如来〈かいふけおうにょらい〉
と呼びます。
胎蔵界曼荼羅の中央に位置する中台八葉院という枠の右側に佇んでおら
れます。
お姿ですが、左手は袈裟の角をとり、臍(ほぞ:ヘソ)の前におきま
す。
右手は施無畏印をして胸の前におきます。
お名前が示すとおり、菩提心という種子が成長し花が満開した姿を象徴
しています。
『大日経』では「悟りの華が開き、金色の光明を放ち、諸の汚れを離
れ、大空のようである」と説きます。
施無畏の印は、人々の恐怖や不安を取り除こうとする如来さまの力を表
します。
衣が両肩にかかる通肩の姿は仏弟子が修行する時の正式な装いでありま
す。
合掌
IMG_3783.JPG
IMG_3778.JPG

開敷華王如来尊像

M T-33

 

M T-32

 

M T- 3 1