本門宗

本門宗(ほんもんしゅう)は、日興門流(日蓮の弟子・日興の法脈を受け継ぐ本山末寺)が1876年(明治9年)に結成し、 1941年の日蓮宗、顕本法華宗との三派合同によって発展解消した、法華宗系の宗派。教義的には勝劣派に属した。

沿革
1876年(明治9年) 富士門流に所属する8本山とその末寺により、日蓮宗興門派として発足。
1899年(明治33年)本門宗と改称。
1900年(明治34年)大石寺とその末寺が離脱し、日蓮宗富士派として独立、1912年(明治45年)には日蓮正宗と改称。
1941年(昭和16年)勝劣派の顕本法華宗、一致派の日蓮宗とともに三派合同を行い、勝劣派、一致派の諸門流の本山末寺からなる日蓮宗に発展解消。本門宗の前管長由比日光師は日蓮宗内部における富士門流の組織興統法縁会の初代会長に就任した。

参照Wikipedia


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。