162 持地菩薩尊像

IMG_3459.JPG 持地菩薩さま(インド名:ダラニダラ) 今回ご紹介します菩薩さまは持地菩薩〈じじぼさつ〉と呼びます。 地蔵院という枠の下から3番目に佇んでおられます。 お姿は左手に三鈷杵を載せた蓮の華をもち、右手は施無畏印をしていま す。 持地というのは「大地を支え持つ」という意味で、大地が万物を支え持 つように、菩提心は善根の功徳を支え持ち、あらゆる活動をなりたたせ るが、この尊はそのような大地に喩えられる菩提心を支え持つ働きをし ます。 この菩薩さまは、ヒンズー教の聖典『ヴィシュヌプラーナ』ではヴィシ ュヌ神またはクリシュナの名前として登場します。 インドの地母神信仰との結び付きが深いと想像されているようです。                                                                                                               合掌

IMG_3462.JPG

IMG_3465.JPG

IMG_3458.JPG