35 金剛索菩薩尊像

 

kongo35

 

金剛界曼荼羅

金剛索菩薩尊像 Vajrapasa

( インドの古い言葉ヴァジュラパーシャ )

こちらの菩薩さまは金剛索菩薩尊像(こんごうさくぼさつ)です。

肌の色は白黄色、左の手を拳の形(力強く握りこむ)に

して、右手に索を持ちます。

索というのは羂索のことです。

不動明王が持っているのも同じ羂索と呼ばれるものです

が、縄の先にフンドウとカンがついています。

しかし金剛索菩薩が持っている羂索は蛇のような形をし

た縄で、この先に鉤がついていています。

密号と呼ばれる別名を持っていて、等引金剛、慈引金剛

と呼ばれていますが、この索を使いこれで衆生を平等に

曼荼羅に引き入れるという事を意味しているようです。

 

合掌

kongo35.1