165 悲愍菩薩尊像 

IMG_2709.JPG

 

胎蔵界 悲愍菩薩さま(インド名:カルナームレーディタ) 今回ご紹介いたします仏さまは悲愍菩薩〈ひみんぼさつ〉と呼びます。 除蓋障院という枠の一番上にお座りになっています。 お姿ですが左手は股をおさえ、右手は中指を屈し、それ以外の指を伸ば して手を仰向けにして胸に当てます。 悲愍という字を調べてみると憐れみという意味で解釈されています。 左手で股を押すのは悲愍をもって衆生を覆うことを表現して、右手を腕 に当てるのは救済を表現しているようです。 徳のある仏さまが憐れみをもって我々を救済して導いていただきます。                                                                                                       合掌

IMG_2713.JPG

 

 

 

IMG_2708.JPG