如来部

如来 (にょらい)とは、仏教で釈迦を指す名称(十号)のひとつ。

あるいは、大乗仏教における諸仏の尊称。如去とも。
元になったサンスクリット語はतथागत(tathāgata タターガタ)であり、ひとまず「如 (tathā タター) 」の後に来る語を「去れる (gata ガタ) 」とするか「来れる (āgata アーガタ) 」とするかで如去、如来と漢訳し分けられる。

音写として多陀阿伽陀(ただあがだ)がある。

しかしながら実際の意味は、そのパーリ・サンスクリットなどの原語から解釈したものや、「如来」「如去」という漢訳語から再解釈したものなど多岐に渡るため、一概に決定説を挙げることはできない。
仏教学者・中村元によれば、「タターガタ」(tathāgata)とは本来、「そのように行きし者」「あのように立派な行いをした人」という語義で、仏教・ジャイナ教・その他の古代インド当時の諸宗教全般で「修行完成者」を意味する語であり、「如来」という漢訳表現には「人々を救うためにかくのごとく来たりし者」という後世の大乗仏教的な見解がひそんでおり、初期仏教における語義とは乖離があると指摘している。

ブッダゴーサ(仏音)よる解釈
ブッダゴーサによる語義釈の全てではないが、一部として、tathā āgata(如く到れる) – 「(古仏と)同じく一切を知る智慧に到達した者」。

過去に出現した古仏がみな一切智性に到達した様に、同様に釈迦牟尼仏も一切智性に到達したため。
tathā gata(如く去れる) – 「(古仏と)同じくすべての煩悩を滅して去る者」。
tatha-lakkhaṇaṃ āgata(真如相に通じる) –  「真如 (tatha タタ) の特徴を悟った者」。
などがある。

真身如来
「如」は「真如」。真如の道に乗じ、因より果に来たって、正覚を成ずるから「如来」と名づける。
如来とは、如実の道に乗じ、来たりて正覚を成ずるが故に、如来という。『成実論』
如実より来る。

故に如来と名づく。…涅槃を如と名づけ、知解を来と名づく。正しく涅槃を覚するが故に如来と名づく。『転法輪論』
如実の道より来る。故に名づけて如来と為す。『大智度論』

応身如来
真如の道に乗じ、三界に来たって化を垂れるゆえに「如来」と名づける。応身如来。
如来というは如を体し、しこうして来たる。故に如来と名づく。
問うていう。如を体ししこうして来るが故に如来と名づくとは、是れ応身なるや。来の義あるべし。真如法身、いかんが来あるや。
答えていう。本陰、今顕すが如く、また来と称するを得。(勝鬘宝窟上末) 諸仏のごとくにして来るゆえに「如来」と名づける。二身、三身に通じる。
つつしんで真実の証を顕さば、すなはちこれ利他円満の妙位、無上涅槃の極果なり。

すなはちこれ必至滅度の願(第十一願)より出でたり。また証大涅槃の願と名づくるなり。しかるに煩悩成就の凡夫、生死罪濁の群萌、往相回向の心行を獲れば、即のときに大乗正定聚の数に入るなり。正定聚に住するがゆゑに、かならず滅度に至る。かならず滅度に至るはすなはちこれ常楽なり。常楽はすなはちこれ畢竟寂滅なり。

寂滅はすなはちこれ無上涅槃なり。無上涅槃はすなはちこれ無為法身なり。無為法身はすなはちこれ実相なり。実相はすなはちこれ法性なり。法性はすなはちこれ真如なり。真如はすなはちこれ一如なり。しかれば弥陀如来は如より来生して、報・応・化、種種の身を示し現じたまふなり。(『教行信証』「証巻」 聖典註釈版 p.307)

参照Wikipedia

如来形 総攬

 

1  大日如来 金剛界大日如来 胎蔵界大日如来

2  釈迦如来    釈迦三尊像 宝冠の釈迦如来 過去七仏

3  阿弥陀如来  阿弥陀三尊像 五劫思惟像 宝冠の阿弥陀如来   九品の阿弥陀如来

4  薬師如来   薬師三尊像  七仏薬師

胎蔵界五仏

5 胎蔵界大日如来

6 宝幢如来

7 開敷華王如来

8 無量寿如来

9 天鼓雷音如来

 

金剛界五智如来

10 金剛界毘盧遮那如来

11 阿閦如来

12 宝生如来

13 無量寿如来

14 不空成就如来

 

15   毘盧遮那如来

16 弥勒如来

17 普賢王如来

18 多宝如来

19 定光如来

20 天王如来

21 大通智勝如来

過去七仏

1 毘婆尸仏

2 尸棄仏

3 毘舎浮仏

4 倶留孫仏

5 倶那含牟尼仏

6 迦葉仏

7 釈迦仏