仏像の寸法

 

burogburogburogburogburog

造像法                      木割法                  寄木法

 

 

burogburogburogburogburog

一法木

 

 

 

 

仏像を制作するにあたり寸法の割り出しは

とても大切な作業です。

古い本ですがとても研究されていてすばらしい

本がありますが、その中の一つが太田古朴著の

仏像彫刻技法という御本で大きく分類すると

造像法・木割法・寄木法・一木法 です。

この方は寸法の割り出しにより、時代や各仏師の

特徴を見いだしていて、別の項で説明いたしますが

とてもすばらしい本です。

現代は江戸時代からの基準線の割り出しで

制作による寸法の割り出しは確立しております。

そのさらに古い平安や鎌倉時代の仏像の寸法は

どのように計測されていたのかそういったことが

実に細かく数学を用いて説明されております。

(未完成)(未ブログアップ)