2 制吒迦童子(せいたか)

制多迦童子, 制吒迦童子(せいたかどうじ; 梵語: Ceṭaka)

不動明王の従者八大童子の第8番目である。
不動三尊の一人であり、矜羯羅童子(こんがら Kiṃkara)と共に不動明王の脇士を務める。通常は不動明王の右(向かって左)に配置される。

「制多迦童子」とはサンスクリットで奴隷・従者の意。

参照Wikipedia