1  舎利弗(しゃりほつ)

舎利弗(しゃりほつ、梵:Śāriputra シャーリプトラ、巴: Sāriputta サーリープッタ)は釈迦の十大弟子の一人である。
シャーリー(サーリー)は母親の名前で、ある特定の鳥を意味し、「鶖鷺」などと漢訳されるが、いずれの鳥であるかは判然としない。プトラ(プッタ)は「弗(ホツ)」と音写し「息子」を意味するため、漢訳では舎利子(しゃりし)とも表される。「シャーリーの子」の意。
釈迦弟子中において、智慧第一と称される。舎利弗と目連を特に二大弟子と呼ぶ。
『般若経』など大乗の経典では、声聞乗(śrāvakayāna)[1]を代表する長老の仏弟子として登場することが多い。『般若心経』の舎利子は、この人物のことである。

生涯
マガダ国の王舎城(ラージャガハ)北、那羅陀(ナーラダ、現ナーランダー)村出身で裕福なバラモンの家に生まれる。幼名は優波帝沙(ウパティッサ)といった。
隣村の目連と親友の仲。目連とともに、当初はサンジャヤ・ベーラッティプッタに師事した。
釈迦の弟子のアッサジ(阿説示)比丘と出会い、アッサジを通じて釈迦の教えの一部[2] を聞いたとたんに預流果(悟りの最初の段階)に達したと伝えられる。目連を連れて釈迦に弟子入りすると、サンジャヤ仙人の他の信徒250人も、彼ら二人に従い、サンジャヤ教団を離れ釈迦に弟子入りした。その後すぐに最高の悟りを得た舎利弗は釈迦の信任も厚く、時には釈迦に代わって法を説くこともあったという。釈迦の実子である羅ご羅の後見人にもなった。
また提婆達多が釈迦教団から500人を引き連れて分裂させ象頭(ガヤ)山へ行ったが、彼が追いかけて弟子衆を引き戻した。その際、彼がやってきて説法した時に起きたブロッケン現象に弟子衆が驚き、引き戻る契機になったともいわれる。
釈迦よりも年長とされ、目連と共に仏教教団の後継者と目されていたが、釈迦の入滅に先んじて病没。目連が竹林外道(執杖梵士)によって迫害されて瀕死の状態になったを見て、「一緒に出家し、また仏弟子となり証悟したので、一緒に滅そう」と言ったともいわれる。釈迦の許しを得て、故郷に帰り彼自身が臨終の床においても母をはじめとする親族を仏教に帰依させたという。彼らが釈迦より先んじて滅したのは、釈迦の入滅に遭遇するのが忍びなかったともいわれるが定かではない。

家族
彼の親族や兄弟、またそれらの名前などは諸経によって差異がある。それぞれ、
父ヴァンガンタ(巴: Vanganta)、母ルーパサーリー(巴: Rūpasārī)の下に、男子がウパティッサ(=舎利弗)、ウパセーナ(Upasena)、マハーチュンダ(Mahācunda)、レーヴァタ・カディラヴァニヤ(Revata Khadiravaniya, 離婆多)、女子がチャーラー(Cālā)、ウパチャーラー(Upacālā)、シスーパチャーラー(Sisūpacālā)という7人の兄弟姉妹であった。(ダンマパダやテーラガーターの説)。
父・檀嬢耶那(檀那達多とも、ダーニャヤナ)の下に、優波低須(舎利弗)、大膝(摩訶・倶絺羅)、純陀(仏入滅時の純陀とは別人)、姜叉頡利拔多(レーヴァタ)、闡陀、閻浮呵迦、憍陳尼、蘇達離舎那の八男、また一女・蘇尸弥迦がいたとする。(『仏本行集経』47の説)
父母記載なし、長男から順に、達摩、蘇達摩、優波達摩、抵沙、優波抵沙(舎利弗)、頡利拔多、優波波離拔多とする。(摩訶僧祇師説の説による)
父・底沙、母・鸚鵡、祖父・摩咤羅、鄔波低沙(舎利弗)とする。(有部出家事の説)
母サーリーの子に、ダルマ、ウパダルマ、サタダルマ、シャハスラダルマ、ティッシャ、ウパティッシャ(舎利弗)とする。(マハーヴァストゥの説)
なお、
有部出家事、『大智度論』は摩訶・倶絺羅を長爪梵士として、舎利弗の叔父とする。
『仏本行集経』では大膝(倶絺羅)を舎利弗の弟とする。
パーリ語文献では、摩訶倶絺羅を長爪梵士と関係せしめず、長爪を舎利弗の甥とする。
テーリーガーター(長老尼偈)では、チャーラー、ウパチャーラー、シスーパチャーラーは皆、釈迦仏に帰依し、比丘尼として出家したとされる。

参照Wikipedia

下の画像は現在の木彫曼荼羅の進行状態です。

 

 

両界曼荼羅

mandara zentai

 左 金剛界八十一尊曼荼羅 

 右 大悲胎蔵生大曼荼羅

 

動画

 

 

 

金剛界八十一尊曼荼羅と大悲胎蔵生曼荼羅の制作

 

私が曼荼羅の事を意識したのは、私の先生が曼荼羅を納める

所を間近でみてきたことが一番大きい。

 

近い距離で曼荼羅を見ると想像以上に、見応えがあります。

宗教心はおそらく関係ない、そして知識も関係ない、ただその

場で見せてもらうだけで、あまりの高貴さと迫力に圧倒されて

しまいます。

 

まず最初に仏様の数にびっくりしました。

 

尊像数

金剛界八十一曼荼羅 81体 胎蔵界曼荼羅

412体 合計493体

 

わたしがこれから開始する浮き彫りの曼荼羅はあまりする人が

いません

非常に長い長い 道のりの彫刻になることは間違いがありません。

 

作業年数でいえば5年ぐらいみておかなければいけない、人に言

ってしま えばやめるにやめれない、きっと出来上がったら魅力的

な彫刻だろうと は思う、やはり人と同じものを作っていてもあま

り、刀が乗らない。

 

私は精神論はできるだけ控えて作業に取りかかりたいと考えてい

ます。

そういうことで少し物足りないこともあるかもしれません。

れから始まる長い長い道のり、今から取り組む作業は仕事では

ないの でもしかしたら私がその前にギブアップするかもしれませ

んが。(>_<)

 

一日に一体、彫ることが難しいので最短でも2年以上はかかると考

えてい ますので、4〜5年ぐらいかなと考えております。

れだけ意気揚々と曼荼羅を浮き彫りで彫ると書いては見たものの

、実 は曼荼羅の事を詳しく知っているわけでもなく、制作しながら

一尊一尊 を確認しての取り組みになります。

では、早速取り掛かります。

 合掌

1. 木彫曼荼羅の開始

2. 曼荼羅の方位

3. 曼荼羅一尊の彫刻の彫進め方

4. 曼荼羅の仮づけ

5. 曼荼羅と善無畏