仏像総覧のページについて

私がこのページを設けたのは、単に自分のためですが、仏像を造るために参考にしたい人があれば、使っていただければ幸いです。

仏像総覧で書く内容は仏像彫刻をするために必要な内容を集めたり、私が加筆したものを掲載予定です。

しかしまだまだ手つかずの状態でこれから空欄を穴埋めしていきますが、固定ページは仏像の種類ごとに作っておきました。

このページを作ってから仏像の種類の多さに改めて驚かされています、どこまで載せればよいのかその区切りをつけるのは難しいですが、今現在では曼荼羅の尊像の総数よりも増えていますので、減らすことも考えています。

このページを作る上でまず始めに行ったのは、如来、観音、菩薩、明王、天部、神部、僧像、とカテゴリーわけをしました。

その中の観音は菩薩のカテゴリーに入りますが尊像数が多いので観音というカテゴリーに分けました。

如来なら、大日如来、釈迦如来・・・と、各尊像の整理をしていきましたが、これが結構大変な作業でした。

先ほども書きましたが、あまりの数の多さに当初の計画よりも大幅に増えました。

このような作業を以前より細々としていましたが、ようやく各尊像のページは完成しました。

そして、いよいよ仏像の内容に取り掛かります。

しかし取り掛かるといっても、すぐにできることではないので調べたいことが出てきたら、同時にこちらのページにも加筆するといった具合になります。

まだまだ空欄は多いのですが、そのつどブログにアップしていきたいと考えております。

完成までには計算すると、曼荼羅の総数を含め最低でも1100ぐらいのページとなりますので、毎日更新しても3から4年はかかる計算になります。

ということは余裕を見ても5年ぐらいはブログのネタが尽きないので安心しています。(>_<)

このブログが出来上がるまでの工程を含め、今後とも閲覧者様とご一緒に仏像の形について勉強できれば幸いです。

合掌