カスタムナイフの鞘作り 1

まずは動画から

今回はナイフのカリンの木を使って鞘をつくってみました。

もともと皮の入れ物がついていたのですが、全体的に大きくなるのでコンパクトにしてみたいというのがありましたが、私自身がアレンジするのが好きで作りたかったのもあります。
naifunosaya-1 naifunosaya-2

まずはどういう鞘を作るのかイメージが固まっていないのですが、木を当てながら考えてみたいと思います。

適当な大きさのカリンの木を用意したらナイフに当てて、ナイフが差し込める溝を彫ります。

最初から真っ二つに分かれているのでお互いの内側に溝を入れます。

 

 

naifunosaya-3

当たるところを鉛筆でまずは描きます。

最初に黒い柄が盛り上がっているのでその箇所を彫り込みます。

 

 

naifunosaya-4 naifunosaya-5 naifunosaya-6

両方の木に彫り込めたら刃先の溝を彫ります。

 

 

 

naifunosaya-7 naifunosaya-8

ナイフを差し込んで状態を確認します。

ここまできっちりと丁寧に溝を彫りだします。

 

 

naifunosaya-9

穴の箇所は最初から決めていたので穴の場所を接着する前に一方の木だけあけます。

 

 

naifunosaya-10

しっかりと接着をします。

 

 

naifunosaya-11

固まったら最初はデザインの事を考えずに鞘の厚みを削りだします。

 

 

naifunosaya-12 naifunosaya-13

 

まだまだ厚めに残っていますが次に大雑把にデザインを考えていきます。

次へ

カスタムナイフの鞘作り 1