金剛界 33 金剛塗香菩薩尊像

kongoukai 33-1

 

 

 

 

 

 

 

 

金剛塗香菩薩尊像(梵名:Vajragandha ヴァジュラガンダー)

この菩薩さまは金剛塗香菩薩(こんごうずこうぼさつ)です。

天女のお姿をして左手に塗香器を持ち、右手は香を塗る勢いを

あらわしています。

不空成就如来が大日如来を供養するために出生したものである

ようです。

金剛頂経には「毘盧遮那如来の供養に応えるために、塗香による

供養の三昧に入り、一切の塗香の供養で荘厳し、法界に行きわ

たらせ、金剛塗香天女身として現じる」

塗香は、沈香や白檀などの香木を粉末にした身体に塗る香料です。

塗香は浄の意味もあるようで、塗香やよく垢を浄にし、熱悩を除

きます。

すなわち、この尊は、身・口・意の三業を清め、煩悩を払う働き

を象徴しています。

真言行者が、行をする前に塗香を身体に塗り、それによって自ら

が五分法身(戒・定・慧・解脱・解脱智見)と成ることを祈念する

ことはそのためです。              合掌

 

 

 

 

kongoukai 33-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金剛界 33 金剛塗香菩薩尊像