金剛界 73 金剛面天

kongoukai 73-1

金剛面天 (梵名:Vajrankusa ヴァジュラーンクシャ)

この天部の尊像は金剛面天(こんごうめんてん)です。

猪の頭ですが身体は人の姿をしています。

鈷鉤を執り、左手は拳にして腰におきます。

『金剛頂経』には尊名をバカラで密号を金剛鉤と呼んでいます。

ヒンドゥー教神話にはバラーハ(野猪)はヴィシュヌの化身の一つで、猪の姿で現れます。

三形の鉤はカギですが、神話では大地を掘り起こす鍬を持っています。

合掌

kongoukai 73-2

 

金剛界 73 金剛面天